上級戦闘

姿勢・距離

姿勢

戦闘時の姿勢は、直立、屈み、膝着き、這いの4つがあり、直立以外の姿勢では、それぞれ技能値、D-EV(よけ)に不利な修正を受けます。また敵の射手の命中判定に対しても不利な修正を与えます。直立、屈み、膝着きの姿勢時は、ターン開始時にいつでも他の姿勢に変更できます。しかし這いの姿勢時は、1ターンかけて膝着きの姿勢になることしかできません。

姿勢表
姿勢 技能値 D-EV(よけ) 射手の命中判定
直立 - - -
屈み -2 - -2
膝着き -2 -2 -2
這い -4(弩は+1) -3 -4

※竿状武器、射撃武器以外では、直立した姿勢で、転倒している敵を攻撃したり、足や足首を狙って攻撃(後述)ができない。それらを行うには、「屈み」か「膝着き」の姿勢になる必要がある(技能値-2)。

※基本ルールでは、転倒して朦朧状態から回復するまでの間、D-EVへの修正は-6だったが、上級ルールではこれは-7になる。そして自分のターンが回ってきて朦朧状態から回復し、膝着きの姿勢になったら、-2の修正になる。

距離

基本ルールでは、弓矢や呪文は命中し易く、非常に強力でした。上級ルールではこれらに、目標との距離による修正を課します。

距離による修正表
距離 修正
5m -2
10m -4
20m -6
40m -8
80m -10

※実際には、後衛から敵の前衛を目標とする場合は-2、敵の後衛を目標とする場合は-4くらいが普通。狭い屋内での戦闘なら、修正はその半分。