上級戦闘

部位狙い

腕、足首、喉など、敵の特定の部位を狙うことを宣言できます。特定の部位を狙うと、いくぶん命中しにくくなるかわりに、有利な効果が生じる可能性があります。部位狙いは煩雑さを避けるため、記述されていない朦朧、転倒はありません。

部位狙い表
部位 修正 効果
-3 一度に最大HPの1/3以上のダメージで、自動的に朦朧状態に陥る。
1/2以上のダメージで、VT判定(「叩き」なら-1の修正)を行い、失敗すると気絶する。
(みね打ちや石突きなど、あえて攻撃型を「叩き」に変えて狙うことも可能。)
-5 2点以上のダメージで片耳を故障。
-7 2点以上のダメージで片目を故障。
-2 一度に最大HPの1/2以上のダメージで、腕は故障。
1/2を超えるダメージは無視。
手首 -4 一度に最大HPの1/3以上のダメージで、手首は故障。
1/3を超えるダメージは無視。
-3 一度に最大HPの1/2以上のダメージで、足は故障。
1/2を超えるダメージは無視。
小盾では「止め」できない。
足首 -5 一度に最大HPの1/3以上のダメージで、足は故障。
1/3を超えるダメージは無視。
中盾では「止め」できない。
-3 DR(ダメージ抵抗)を抜けたダメージを、「叩き」なら1.5倍、「切り」なら2倍、「刺し」なら3倍にする。
一度に最大HPの1/2以上のダメージで、自動的に朦朧状態に陥り、転倒判定も行う。
-5 DR(ダメージ抵抗)を抜けたダメージを、「叩き」なら1.5倍、「切り」なら2倍、「刺し」なら3倍にする。
一度に最大HPの1/3以上のダメージで、自動的に朦朧状態に陥る。
1/2以上のダメージで、VT判定(「切り」か「刺し」なら-1の修正)を行い、失敗すると死亡する。
部位の故障 効果
腕、手首の故障 持っていた物は落とし、もはやその手で物を持つことはできない。
片手用武器を非利き手で扱たり、両手用武器を片手で扱うなら、技能値は-4の修正を受け、さらに後者は1ターン余分な引き戻しが必要になる。
足、足首の故障 地面に倒れ、杖のような物がなければ、もはや立ち上がることはできない。
技能値、D-EV(よけ)とも-2の修正を受ける(膝着きの姿勢と同じ)。
耳の故障 ほとんどの身体技能-1。
目の故障 ほとんどの身体技能-6。

※部位を故障した場合、戦闘後にVT判定を行い、これに成功すればその場で手当ののち回復するが、失敗すると、少なくともその冒険中には回復しない。失敗度が4以上だと、特殊な医療による処置を施さない限り、永久に回復しない!

クリティカル

部位狙いを宣言しないで攻撃のクリティカルが発生したら、攻撃側が3dを振って〈クリティカル表〉を参照します。敵の回避判定、ダメージ抵抗を無視する効果に加え、運良く敵の特定の部位に命中した可能性があります。

なお、クリティカルでは、ダメージダイスを振って0以下を算出しても、必ず1点(「刺し」ならダメージ変化を加えて2点)はダメージを与えます。

クリティカル表
出目 効果
3 目に命中。
4 耳に命中。
5 頭に命中。
6 手首に命中。
7 腕に命中。
8 敵は武器を落とす。
9~12 特殊効果無し。
13 敵は転倒する。
14 脚に命中。
15 足首に命中。
16 肚に命中。
17, 18 喉に命中。