NPC

ランダムキャラクター

ときには、時間や手間をかけずに、すぐにNPCを作成したいこともあるでしょう。さほど重要でない人物でも、戦ったり、繰り返し登場して何かしら判定を行うのであれば、能力値や技能を決めておく必要があります。そういうときは、下記ランダムキャラクター作成表を活用して下さい。

まず能力値を決めるため3dを振り、能力値決定表を参照します。さらに任意の回数3dを振り、能力値修正表に従って能力値を修正します。

技能は出自を参考にして選択します。出自に関係する技能の技能値は全て、ダイスを1つ振り、1~3なら能力値と同じ、4か5なら能力値+1、6なら能力値+2とします。出自に関係ないが、ある程度経験がありそうな技能の技能値は全て、能力値-1とします。

上級ルールの攻撃型を導入すると、自分と敵との武器と防具の相性によって、有利・不利が生じます。武器の決定は、公平を期すため、武器決定表を用いてランダムで決めることを推奨します。武器欄に記述が2つある個所では、ST(筋力)が10以上かつDX(敏捷性)が12以上の場合、ダイスを1つ振り、1~3なら右、4~6なら左になります。能力値が条件に満たない場合は必ず右になります。

武器が「剣術」でも扱える種類であれば、防具は革鎧、小盾になります。「武術」で扱う種類の武器であれば、防具はチェインメイルかブリガンダイン(※)、中盾になります。プレイトメイルや大盾は、大国の軍隊でもなければ、一介の兵士や盗賊が身に着けているということはありません。「よけ」が重要となる格闘家や射手であれば、革服を着用していることもあります。

この方法で作成したキャラクターは大抵、総計10CPのキャラクターより弱いか、少し強い程度であり、一般的な兵士や盗賊の強さとします。

※ダイスを振って、1~3ならチェインメイル、4~6ならブリガンダイン。

能力値決定表
出目 ST DX IN WL VT CM HP
3 9 11 13 11 11 9 9
4 9 12 12 12 11 10 9
5 9 13 11 11 11 9 9
6 10 13 10 11 11 9 10
7 11 13 9 11 11 9 11
8 12 12 9 12 11 10 12
9 11 12 10 12 11 10 11
10 10 12 11 12 11 10 10
11 10 12 11 10 11 12 10
12 11 12 10 10 11 12 11
13 12 12 9 10 11 12 12
14 11 13 9 9 11 11 11
15 10 13 10 9 11 11 10
16 9 13 11 9 11 11 9
17 9 12 12 10 11 12 9
18 9 11 13 9 11 11 9
能力値修正表
出目 修正
3 ST(筋力)-1
4 DX(敏捷性)-1
5 IN(知性)-1
6 WL(意志力)-1
7 VT(活力)-1
8 CM(魅力)-1
9 HP(耐久点)-1
10 修正無し
11 修正無し
12 HP(耐久点)+1
13 CM(魅力)+1
14 VT(活力)+1
15 WL(意志力)+1
16 IN(知性)+1
17 DX(敏捷性)+1
18 ST(筋力)+1
武器決定表
出目 武器
3 間に合わせの武器
4 柔術
5 メタルナックル
6 カイザーナックル
7 グレートソード>ダガー
8 ウォーハンマー>モーニングスター
9 バトルアクス>ハンドアクス
10 青竜刀>三日月刀
11 バスタードソード>ブロードソード
12 ハルバード>スピア
13 グレイヴ>クォータースタッフ
14 エストック>レイピア
15 狩人の弓+もう1回振って決める
16 ボウガン+もう1回振って決める
17 長弓+もう1回振って決める
18 クロスボウ+もう1回振って決める